http://www.geocities.jp/dotart_m/


by taoru_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

話せば長いKちゃんとの話

12月に発売されたDSのぷよぷよが一時回収されましたが、
また発売になったので買っただよ☆
欲しいと思っていたのに、買おうとしたら回収されてて、
私はずーっと待っていたんだよぷよぷよを。

ぷよぷよとの出会いは、かれこれ小5位にさかのぼります。
当時よく遊んでいたKちゃんという子がいたのですが、
彼女はカギっ子で、カギっ子ゆえに、一人でも楽しめる遊びや、
テレビにとても詳しく、そして絵が上手で、
当時の私は結構Kちゃんに影響を受けていました。

学校が終わってからゲームセンターなどに行き、
Kちゃんがおもしろいと言うゲームを2人で対戦して、
徘徊している先生に見つかって怒られたり、
放課後はほぼ毎日Kちゃんと遊んでいた時期がありました。

ぷよぷよはそんなKちゃんが
教えてくれたゲームのうちのひとつでした。
ちなみに、私の人生においてのテレビ番組ナンバーワンである
「ウゴウゴルーガ」を教えてくれたのもKちゃんでした。
あと、「よっちゃんいかはすぐに噛まずに、
しばらく舐めていてもおいしいよ」とか
色々なジャンルのことを教えてくれました。

つまり、一人でいるとつい心霊写真の本とかを
読んでしまう根暗な私がKちゃんと一緒にいる時はわりと
アグレッシブでした。


ある日、いつものようにKちゃん宅に行くと、
Kちゃんが気を使って私にココアを出してくれました。
ありがたく頂戴すると、
そのココアからは鳥の糞の臭いがしました。

私はKちゃんの飼っているインコが気になったけれど、
どうやってインコの糞がココアの中に入るでありましょう。
しかし自分も鳥を飼っているので、
鳥の糞の臭いはよく分かります。
でも気が弱い私は、
「鳥の糞の臭いがするんだけど・・・」なんて爆弾発言、
決して言えるハズもなく、そのまま疑心暗鬼な雰囲気で
ココアを飲み続けました。


あと、Kちゃんの家には大量にペヤングがあり、
その日はペヤングもご馳走してくれました。
私はペヤングが大好きなので(特にかやくの肉っぽいのが好き)、
それはそれは嬉しく、しかも友達の家でペヤングを
食べるなんて初めてだったので、
いつもと違うシチュエーションに弱い私は
ちょっとよそ行きに見えるペヤングにコーフンしました。

ビニールをはがし、かやくを入れて、
各自熱湯を内側の線まで注ぎました。
そして3分放置・・・のハズが、
2人とも絵を描くのに夢中になって、
気付けば既に10分以上経過していたのです。
私は、(ハッ!ペヤングっ!私の大好きなペヤングが!)と
Kちゃんより先に気付いたのですが、
なぜかすぐに「ペヤングの時間だよ!」と言えませんでした。
変な方向に気を使ってしまう癖と、人の家のペヤングだから、
その家の鍋奉行ならぬペヤング奉行の指示に
従った方が良いのでは、という考えが私を支配しました。

しかし、いくら待てどもKちゃんはペヤングのことを
思い出してはくれず、私はずっとハラハラして、
みるみるうちに伸びていくペヤン図を頭の中に思い描いていました。
もはや、ペヤングを作ったことは私の幻覚だったのだろうか・・・と
思うくらいKちゃんは絵に没頭し、
私はただただ宙をあおいでいました。

そしてついに待ちわびたコール
「あっ、ペヤング!」が聞けたのはおよそ20分後。
「そうだったねー」などと、今気付いた風の小芝居をしながら
我先にと台所へ向かいました。
案の定、麺は見たことも無いくらいに太り、
あまりの面積にソースが行き渡らず、いつもより
薄味なペヤングを、うまいうまいと言いながら食べまーた。
めでたしめでたし。

中学に入って違うクラスになってから、
Kちゃんとは疎遠になり今は全然連絡も取ってないけど、
よっちゃんいかをすぐに噛む大人にはなっていないで欲しいな。


ココアを飲みながらぷよぷよをやっていたら、
あんなこと〜こんなこと〜あーったーでしょー…♪と、
昔を思い出したのでした。
それにしても、昔(スーパーファミコン時代)は
ぷよぷよ結構上手かったのに、
久々にやったら腕がガタ落ちしてたわ。
2連鎖しかできない。がんばっても3連鎖まで。
3連鎖以上を組もうとすると思考停止するのよね。

ココアを飲みながらチョコ食べるのって
ちょこっと損した気分になるよね。
[PR]
by taoru_k | 2007-01-24 19:35 | 雑記