http://www.geocities.jp/dotart_m/


by taoru_k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:芸術鑑賞( 4 )

bunkamuraでミレイをミレる

中学2年くらいの時かしら・・・
読売新聞の日曜版だか何だったかにミレイの「オフィーリア」が特集されてて、
シェイクスピアもハムレットも何の知識もなかった私だけど、
その時ただただ、その絵のあまりの綺麗さと、オフィーリアの表情に一瞬にして心奪われ、
5月の午後4時に心臓をビロードで包んでゆりかごに乗せられたような、
そんな甘美な気分になったのだよ・・・
それ以降「死ぬまでに見たい絵」リストに入っていたオフィーリア。

それがついにBunkamuraに訪れた。来なすった。
土日は混むだろうと思い、仕事もちょうど落ち着いたので昨日休みを取って行ってきた。

目の前のオフィーリアは、なんて幻想的でドラマチック。で、無音。
この絵だけで、オフィーリアが死ぬ前後のイメージが頭の中で再生される。
すごいよオフィーリア!見れて良かった!
花と緑もすばらしく綺麗。

オフィーリアのためだけに行ったけど、他の絵もとても良かった。
大きい絵がたくさんあって、人物画であれば、まるでそこにいるみたい。
風景画なら、私がそこにいるみたい。

女性の絵が得意なんだなぁとしみじみ。内面も見えてくるような。
この時代に生きていれば、ミレイに肖像画を描いてもらいたかったなぁ。
ミレイに描いてもらうために貯金するよ。
毎日のおやつ代を肖像画代に回すよ。

2度行く展覧会ってあんまり無いけど、
そのうちもう一度行きたいなぁ。

来月からは国立新美術館+サントリー美術館でピカソもやるし、
フェルメール展も見に行かなきゃ。
この前上野行ったときに、見ようと思ったら時間が無くて、
フェルメール展のグッズだけ買ってきたのよね。。。


そんなこんなで2ヶ月ぶりくらいに書いたなぁこれ。
終わりし夏。

新しいMac買った。
仕事で使うMacがついにOSXになったので、
ずっとためらっていた自宅Macの買い替えをDOしちゃったよ。
今までのG4は7年位使ってたので、青春が詰まりすぎて捨てられない。
かさばるけど押し入れに眠らせ中。。。
それにしてもCSとかちょっとついていけなくて困ってる。
イラレ8からCS3って、浦島状態。e0123800_00939.jpg
[PR]
by taoru_k | 2008-09-11 00:01 | 芸術鑑賞

エキセントリック高尾

ぜんぶぜーんぶ、絵です。
立体に見えるものも、ぜんぶ絵です。
奥行きがあるように見える部屋も、ただの壁です。
土曜日、高尾にあるトリックアート美術館にて。

高尾まで結構時間がかかるので、
行く前は「しょぼかったらどうする?」と不安が隠しきれず、
履いてるとすぐ下がってくるジーパンなのにベルトし忘れるなどの
心の揺らぎを示すバロメーターが基準値を上まわり、
そして実際美術館に到着してみると、
1Fがガソリンスタンドという外観が更に不安をあおり、
でも、「片道切符と楽器ひとつで東京まで来ただ、もう引き返せねぇべ」
という青春の1ページ的な気持ちで我々は美術館内に向かったのでした。


片目を隠すと遠近感が掴みにくくなって、より立体的に見える…
とのことで、入口で視力検査のスプーン風のものをもらって、
ドキドキしながら中へ…
するとそこはエジプト。ガソリンスタンドの上にあるとは
思えない古代の趣。
本当に立体的に見える、壁一面に綺麗に描かれたトリックアートの数々に
かなり魅了され、写真OKなのでおもしろ写真をたーくさん撮りました。
エジプトの神殿や像などが多いですが、他にも、既存の名画を模した
トリックアートや目の錯覚についてなど色々な展示を
見ることができました。
疑ってごめんね、トリックアート美術館。


そんなこんなで美術館を後にし、吉祥寺のレストラン、
シルバニアファミリー「森のキッチン」に行きました。
入り口の大きなジオラマに釘付け&グッズも買えるので
オムレツ食べ終わった後も長いこと店内を彷徨ってました。
シルバニアは本当にかわいいなぁ。

と言うわけで、最後の写真はトリックアートじゃないよ。
森のキッチンにいた、でかワタウサギ君だよ。
これだけでかいと頼りがいがありそうだね。
家にあったら悩み相談とかしてしまうね。

e0123800_0115044.jpg

e0123800_012457.jpg

e0123800_0121649.jpg

e0123800_0123276.jpg

[PR]
by taoru_k | 2007-03-18 23:10 | 芸術鑑賞
突然休みが取れたので、シュールレアリスム展を見に、
埼玉県立近代美術館に行きましたよー。

よほど見たい展示が無い限り、都内以外の美術館には
なかなか行かないので、この美術館も初でした。

マグリットやエルンスト、キリコやダリなど
シュールレアリスムの画家たちの絵画を国内の美術館から集めたよーん!という、
ドッキドキの企画展なんだわさ。

私はもう、マグリットの「白紙委任状」が見れただけでも、うっとり大満足!
(森で女性が馬に乗っててよく見ると遠近感がアレ?って絵ね。)

デルヴォーの「森」も、暗い緑がキレイで、
知らない場所で知らない人ばかりに囲まれた時のような
ザワザワと不安定な気持ちになる色が好きでシュル。
あと、マン・レイの、シュールレアリスト達のポートレートが
みんなすっごい良い顔してて深みがあって、表現者の目力に嫉妬しました。

最近、土日に人気の企画展とか、混んだ美術館ばっかり行ってたから、
今回は空いててゆーっくり見れて良かった。
広い空間で、焦ることなく、たまに座ったりしながら
好きなペースで見てこその美術館だと思うんでシュルよ。

写真2枚目は、ミュージアムショップの袋なんだけど、
「サイと玉」のマークがかわいくて胸キュン!

e0123800_075592.jpge0123800_08538.jpg
[PR]
by taoru_k | 2007-03-16 23:06 | 芸術鑑賞

ブログ引っ越し

たまにmixiで日記書いてたけど、なんだかなんとなく、
私的出来事メモ帳な感じにしたかったので
軽い気持でこっちに書くことにしました。

でもなんか分からない用語が沢山あるので、
余計なモノを全て省いて本当にただの日記です。
トラックバックとか一体何なんだろうか。
しかもこの上にある傑作とかって何なんだろうか。
傑作って普段あまり使わない言葉のひとつだよ。
ハッサクの方が使うよ。

昨日は友人とエッシャー展に行ってきました。
エッシャー展に行く前に歯医者に行って、
(エッシャー行く前にハイシャってちょっとラッパーだよ私!)
歯を治したはずなのに、たまに激痛が走るから
「まさかまだ治ってないのでは…」と不安になりながらの
エッシャー閲覧でした。
でも、その不安さとエッシャーの作品がうまくシンクロして
うまいこと臨場感がでて、なんか良かった。

だまし絵描いてる時ってどんな心境なんだろなー
「だましちゃうぞー俺!びっくりするぞーあいつ!」とか思うのかな。
エッシャーのように偉大な人はそんなこと考えないかな。
だまし絵以外にも数学的な版画などがたくさんあって
黒と白のコントラストってシンプルで面白い表現ができて、
かっこいいなーと改めて思った。
シマウマとか、すごいかっこいいもんね。

ちなみに写真は、会社の人の引っ越しパーティーに
持っていったケーキ。
なかなかうまくできたのでお披露目。
ぶどうが目玉でピンクグレープフルーツがくちびる。
e0123800_2313728.jpg
[PR]
by taoru_k | 2006-11-26 23:10 | 芸術鑑賞